而今・十四代が定価で買える店
ビール

エビス マイスターザ・ロイヤルリーフ 2019

2019年11月6日エビス マイスターザ・ロイヤルリーフが発売されました。飲食店向けに。しかしそれに先駆けて11月3日からネットで少数販売されています。サッポロが抽選でプレゼントしていたので、今年は販売されないだろうと諦めていただけに嬉しくてすぐに購入しました。

値段の高さからか、さほど商品が認知されていなかったせいか、昨年Amazonのみで独占販売された時は売り切れるまでに相当な時間がかかりました。(実際は他店舗でも少数販売されていました)今年も同じかなと思って観察していましたが11月4日の時点ではさほど売れず、5日になってから急速に売れました。楽天内のショップを合計すると 100本前後あった在庫は11月5日の時点で全て売り切れています。なお今年はAmazonでの販売はありません。※サッポロに確認済み

エビス マイスターザ・ロイヤルリーフの値段

今回も2018年同様に値段はバラバラです。3,800円程度の値段をつけている居酒屋もあれば、2,640円で販売している酒屋もありました。80本近い在庫を持っていた店は3,000円前後の値段でした。他に販売していた店舗は3〜4店舗でしたが在庫は10本以内でした。

今後の販売見込み

今年は飲食店に限定して展開するということですが、どうやってお客さんに飲んでもらうんだろうかと疑問に思います。何円か上乗せてして提供しなければ商売になりません。ビールは性質上一回開けたら飲み切らないといけませんが3,000円もするビールが飲食店で飲まれるのでしょうか?しかも720mlですからなかなか注文しにくいように感じます。

ツイッターを見るとそのままいくらか上乗せしてお客さんに売っている居酒屋もあるようです。特にロイヤルリーフに興味があるわけでは無いお客さんにメニューで提供するよりも、ロイヤルリーフを飲みたいと思って販売店を探している一般消費者に売った方が売れやすいですね。そう考えると今後ももしかしたら販売があるかもしれません。

しかしサッポロは小売りはしないということなので完全に店の裁量ということになりますね。もしかしたらと思ってヤフオクを見ると酒屋が売っていますね。4,200円で終了しています。

なぜ少数の小売があったのか?

単なる想像でしか無いのですが、酒屋は自分の得意先である飲食店には売れそうに無いから一般に販売したのかな?という風に推測できます。逆に良い商品だから特別に仕入れて自分のお得意様に提供したということも考えられます。しかし本当のところどうなのかはわかりません。YEBISU BARで提供されるのかなとも思いましたが2019年11月6日現在は情報がありません。

追記 11月7日楽天で3,300円で販売されていました。

追記 11月7日 ヤフオク出品状況

ヤフオクで昨日と同じ酒屋が出品しています。